みちのくコカ・コーラボトリング株式会社

Sustainability

サスティナビリティの考え方
Sustainability Flamework

コカ·コーラシステムは、環境や日常生活、私たちを取り巻く地域社会などの各場面で、日本が直面する重要な課題に対し、ビジネスを通じて変化をもたらし、さわやかさを届けながら、未来を共創していくことに責任を持って取り組みます。

日本のコカ・コーラシステムのサスティナビリティの取り組みは、3つのプラットフォーム(多様性の尊重、地域社会、資源)で行われ、それぞれに合計9つの重点課題を設定しています。この9つの重点課題はさらに、喫緊の課題とする優先事項5項目と、現時点では優先度は比較的低いが重要と捉える重点事項4項目に分類しています。

「3つのプラットフォームと9つの重点課題」と当社の取り組みに該当するSDGsの目標

また、当社のサスティナビリティの取り組みについては、持続可能な開発目標(SDGs)との関わりを検証し、SDGsの目標2~17に該当しております。このことは、サスティナビリティの取り組みを推進することで、SDGsの達成も目指していくことができることを意味しています。こうした重点課題をもとに具体的なアクションを進めるとともに、NPOや外部専門機関、有識者など第三者意見を取り入れ、時代に即した活動に取り組みます。

サスティナビリティ
Sustainability

お問い合わせ

日本コカ・コーラ お客様相談室のサイトにリンクします。

0120-308509

受付時間 9:30~17:00 (土/日/祝日を除く)

ページトップへ戻る