みちのくコカ・コーラボトリング株式会社

Sustainability

World Without Waste
廃棄物ゼロ社会

日本のコカ・コーラシステムでは、グローバルビジョン「World Without Waste(廃棄物ゼロ社会)」に基づき、2018年1月、「設計」「回収」「パートナー」 の3本の柱から成る「容器の2030年ビジョン」を発表しました。さらに、2019年7月には、グローバル目標よりもさらに高い水準を目指す、日本のコカ・コーラシステム独自の環境目標を設定しています。

日本のコカ・コーラシステムにおける使用済みPETボトルから新しいPETボトルを生み出す「ボトルtoボトル」は、2019年実績で約21%、2020年実績で28%を達成しました。この「ボトルtoボトル」比率を、2022年には50%、2030年には90%にまで高めるとともに、2030年までにすべてのPETボトルをリサイクルPET樹脂または植物由来PET樹脂といった「サスティナブル素材」に100%切り替え、新たな化石燃料の使用ゼロに実現を目指します。

「容器の2030年ビジョン」

設計(Design)

回収(Collect)

パートナー(Partner)

「ボトルtoボトル」の推進

使用済みPETボトルは、適切に回収すれば、再利用に適した"資源"です。コカ·コーラシステムでは、使用済みPETボトルから新しいPETボトルを生み出す「ボトルtoボトル」を推進しています。2020年3月には「い·ろ·は·す 天然水」に「ボトルtoボトル」によるリサイクルPET樹脂を100%使用した容器を導入。石油由来100%のPETボトルと比較して、1本あたりのCO2排出量を49%削減し、環境負荷のさらなる低減に成功しています。2020年の実績では、コカ·コーラシステムの全PETボトルに用いられている原材料のうち、リサイクルPET樹脂の比率は約28%(前年比7ポイント増)。この「ボトルtoボトル」比率を、2022年には50%、2030年には90%にまで高めます。

容器の軽量化とサスティナブル素材の採用

日本のコカ·コーラシステムでは1970年代より、資源の有効活用と輸送時の環境負荷削減、そしてお客様の利便性向上のため、容器・包装の技術革新に継続的に取り組んでいます。2009年には当時国内最軽量(※)となる12gのPETボトルを「い·ろ·は·す 天然水」に導入。以来、「おいしい」と「環境にいい」を両立させた製品としてお客様にご支持いただいています。また同年には植物由来素材を使用した「プラントボトル」を「爽健美茶」「い·ろ·は·す」などの製品に採用。業界に先駆けて「サスティナブル・パッケージ(持続可能な容器)を提案しています。 ※ 2009年3月時点 国内製造品500mlPETボトル対象 日本コカ·コーラ調べ

サスティナビリティ
Sustainability

お問い合わせ

日本コカ・コーラ お客様相談室のサイトにリンクします。

0120-308509

受付時間 9:30~17:00 (土/日/祝日を除く)

ページトップへ戻る