ここから本文です。

ニュース&トピックス

花巻工場敷地内の新設物流センター「花巻ロジスティクスセンター」竣工式を開催いたしました!

2015年12月7日

12月7日(月)、みちのくコカ・コーラプロダクツ(株)花巻工場(花巻市太田)敷地内において、新設した物流センター「花巻ロジスティクスセンター」の竣工式を開催いたしました。

花巻ロジスティクスセンターは、花巻工場の製造ラインから流れる製品を出荷するための施設として新設しました。花巻ロジスティクスセンターは、鉄筋2階建て、延べ床面積2万平方メートル。最大80万ケースを保管することができ、今後の北東北全域への出荷最重要拠点となります。


この日、竣工式として花巻ロジスティクスセンター内で神事と引き渡し式を開催いたしました。神事では、当社役員の他、株式会社伊藤組、新高電気株式会社、三和設備株式会社、株式会社カガヤ、株式会社吉田産業など、工事に携わっていただいた各社様にご出席いただきました。


当社代表取締役社長の谷村[左]と、設計・施工をしていただいた株式会社伊藤組代表取締役 伊藤様[右]の玉串奉奠の様子。この他、設備工事をしていただいた新高電気株式会社、三和設備株式会社にも玉串奉奠をしていただきました。みなさまの想いを乗せ、玉串を神様に捧げました。


神事終了後、引き渡し式が行われました。施設内を確認した後、完成図をはじめとした様々な書類と併せて「花巻ロジスティクスセンター」が引き渡されました。

引き渡し式の中で株式会社伊藤組 伊藤様からは、「地元の企業であるみちのくコカ・コーラさんが、地元の企業である私たちに工事を依頼していただいて本当に良かった」とこれまでの工事に想いを馳せました。

これに対し、当社 谷村社長は「当初の段階から伊藤組様にコンペに参加していただき、様々な受注を地元の方々にしていただいた。地元の企業に手伝っていただけて、本当に良かった」と感謝の気持ちを込めました。


地元企業のたくさんの協力によって竣工を迎えた花巻ロジスティクスセンター。ここでは、既存ラインで製造した製品の出荷がすでに始まっています。そして、新ラインの本格稼動が始まれば、いよいよ北東北全域への出荷最重要拠点としての役割を担うようになります。

当社は、コカ・コーラ製品を製造・販売するだけでなく、生産体制および物流体制に対しても常に改善を行いながら、燃料や使用エネルギーを削減に努め、継続的に自然環境に優しい事業を進めてまいりたいと考えております。