ここから本文です。

HOME > 環境 > 環境方針

環境方針

環境理念

みちのくコカ・コーラボトリング株式会社は、コカ・コーラシステムの環境方針にしたがい、地球規模の環境保全の重要性を認識し、地域における環境の継続的な改善を推進します。

基本方針

みちのくコカ・コーラボトリング株式会社は、世界中のコカ・コーラシステムが導入している独自のマネジメントシステムである「KORE(Coca-Cola Operating Requirements)」を導入し、全社員参加のもとに環境保全活動の推進、環境負荷の低減に努めます。
清涼飲料メーカーとして「水源保護」「地球温暖化防止」「持続可能な容器」「廃棄物管理」を長期的な重点改善分野として位置づけ、環境汚染の防止と環境負荷の継続的削減に努めます。
以下の施策を中心に環境目的・目標を設定するとともに定期的な見直しを図ります。

  1. 社員がKOREシステムの運営・管理に参加できるように社員の環境教育を徹底します。
  2. 適用される法規制、当社が合意した地域住民との協定などを確実に遵守し、さらなる改善に努めます。
  3. 省資源、リサイクルを推進し、水使用、エネルギー使用および廃棄物の削減と循環に努めます。
  4. リサイクルの啓発活動を積極的に展開します。
  5. 製品の製造、容器包装、廃棄・リサイクルを通じて、環境配慮を行います。
  6. グリーン調達を積極的に活用し、環境保全を進めて行きます。
  7. ノンフロン自動販売機、省エネルギー自動販売機への切り替えを進め、環境負荷の低減に努めます。
  8. 環境監査を実施し、KOREの運用のもと継続的な改善に努めます。
  9. ハイブリッド車の導入、物流の効率化、エコドライブの推進によりCO2排出量を削減します。
  10. 植林や森の中でのウォークラリー等を行い、森とふれあい、森を守る活動を地域社会と協働のもと展開します。
  11. この環境方針は、社内外に公開します。