ここから本文です。

ニュース&トピックス

【コカ・コーラ復興支援基金】岩手県立不来方高校「英語コミュニケーションスキル研修プログラム」が開催されました!

2017年7月17日

7月16~17日の2日間、公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団主催のもと、岩手県立不来方高等学校の高校生を対象とした次世代支援「英語コミュニケーションスキル研修プログラム」が当社本社にて開催されました。

このプログラムは、公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団が「コカ・コーラ復興支援基金」の2017年度復興支援事業として開始したもので、岩手県、宮城県、福島県の高校生を対象に、国際社会で活躍し、地域社会へ貢献する人材を育成することを目的としています。本年度から3年間にわたり、対象地域の各地方自治体や教育委員会、地元のNPOや大学、企業といった協働パートナーとの連携により実施する予定です。

初年度である2017年度は、岩手県、宮城県、福島県にある合計6校の高校生を対象とし、英語や観光ガイドに関する学習を強化するとともに、外国人スタッフや留学生のサポートを受けながらコミュニケーションスキルの向上を目指すプログラムを実施します。岩手県では、岩手県立不来方高等学校と岩手県立釜石高等学校の2校を対象としています。

今回は生徒40名が参加し、2日間にわたり「英語のネイティブスピーカーと留学生による体験型プログラム」として、英語を用いたコミュニケーションと課題に取り組み、発表を行いました。

【実施概要】
名 称 : 公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団 2017年度復興支援事業
        次世代支援「英語コミュニケーションスキル研修プログラム」
日 時 : 2017年7月16日(日)~17日(月・祝)
場 所 : みちのくコカ・コーラボトリング株式会社 本社 大会議室
主 催 : 公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団
協 力 : 岩手県立不来方高等学校、みちのくコカ・コーラボトリング株式会社
内 容 : 「英語のネイティブスピーカーと留学生による体験型プログラム」




1日目は、英語の基本フレーズを学び、コミュニケーションゲームを通じたアイスブレイク。その後、講師や留学生の出身国の話を聞いたり、自分たちの地域にある良いところをピックアップしたりと、1日中英語だけでディスカッションをしました。



2日目は、1日目にディスカッションした地域の魅力を発信するためのプレゼンテーション。スキット(ちょっとした寸劇)を交えながら楽しく聞いてもらえるよう、英語ならではの抑揚やジェスチャーを練習し、各グループごとにユーモア溢れる発表を行いました。



2日間の最後には、当社 谷村社長からのメッセージ。「英語のコミュニケーションは、"伝えよう"という姿勢があれば、単語をつなげるだけでも相手は聞こうとしてくれるし、伝わるもの。今回をきっかけに、シャイにならずにクラスメイトと英語を話す訓練を常にしてもらえれば。明るく前向きに、チャレンジを続けてほしい」とエールを送りました。

この「英語コミュニケーションスキル研修プログラム」は、今後、オリジナル教材による自己学習プログラムや実際の英語観光ガイドプログラムなど、1年間を通じて研修が展開されます。こうしたプログラムを通じ、今後開催される国際的なイベントで活躍する人材や、国際社会を視野に地域社会へ貢献する人材がここから飛び立ち、復興支援の一助となることを期待しています。


【公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団について】
公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団は、2007年6月に37年継続していた日本コカ・コーラボトラーズ育英会と、14年継続していたコカ・コーラ環境教育財団の事業を継承し、一元的に運営、推進できる母体として設立されました。心豊かでたくましい人づくり (Healthy Active Life)を理念とし、環境教育、教育支援、スポーツ教育を柱とした貢献事業を企画、提供することにより、国際社会が求める青少年の育成と、彼らを取り巻く地域社会を支える人材の育成を通じ、豊かな国際社会の形成及び国際親善に寄与することを目的に多様な事業を展開しています。

【「コカ・コーラ 復興支援基金」について】
「コカ・コーラ 復興支援基金」は、東日本大震災によって甚大な被害を受けられた被災地の復興支援のための資金拠出を目的に、2011年3月24日、公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団内に設立された基金です。本基金は、過去5年間、当財団の活動理念「心豊かでたくましい人づくり」に基づき、次世代を担う子どもたちの教育支援をはじめとしたさまざまな事業を展開し支援を続けてまいりました。これまでの主な支援として、公立小・中学校へのエコ支援事業として太陽光発電・蓄電設備の設置助成、県や市町村のニーズに応じた直接支援としてヤングアメリカンズ東北ツアー協賛やスクールバスの寄贈、高校生・中学生を対象とした米国・英国でのホームステイ研修があります。