ここから本文です。

ニュース&トピックス

水と生命の大切さを学ぼう!豊沢川漁業協同組合主催「鮭稚魚放流会」が開催されました!

2017年2月20日

2月19日(日)、花巻市内の豊沢川河川敷において、豊沢川漁業協同組合主催「鮭稚魚放流会」が開催されました。当社は、豊沢川の上流を水源域としてコカ・コーラ製品を製造しており、きれいな水源を守る活動の一環としてこの事業に協賛しています。

この豊沢川には、宮城県石巻市の北上川河口より、秋になると大きく成長した鮭が産卵のために遡上してきます。この事業は、参加した市民や子供たちに、水と生命の大切さを学んでいただくとともに、豊沢川の理解と関心を深めていただくことを目的としています。

名 称 : 鮭稚魚放流会
主 催 : 豊沢川漁業共同組合
後 援 : 花巻市
協 賛 : 豊沢川土地改良区
        豊沢川活性化清流化事業推進協議会
        みちのくコカ・コーラボトリング株式会社
        株式会社藤徹組
        株式会社たかしん興業
場 所 : 花巻市豊沢橋上流南側河川敷


今年は豊沢川河川敷には近隣の住民の方々をはじめ約160名が集まりました。当社従業員にとっても、自身で体験することのできる貴重な社会貢献活動な機会でもあります。

豊沢川漁業共同組合 代表理事長の佐藤寛治様からは「鮭は水に入ったときからこの川のことを覚えている。大きくなって戻って来られるよう、川をきれいに保ちましょう」と挨拶がありました。


この日、用意された鮭の稚魚は約20万匹。体長は6cmほどです。

子供も大人も「大きくなってね」「ちゃんと帰ってきてね」と声をかけながら放流していました。


放流後は、毎年恒例の新巻鮭を賭けたジャンケン大会。子供限定のイベントで、後ろで親たちが一喜一憂する微笑ましい光景が特徴的です。

最後には協賛各社からのお土産が用意され、参加者には当社製品をお持ち帰りいただきました。

新巻鮭も当社製品も、どちらもこの川の恵み。大切に味わっていただければと思います。


当社従業員参加者での記念撮影。

当社では、こうした稚魚放流イベントのほか、河川での清掃活動や森林での植樹活動を実施しております。きれいな"水"に感謝しながら、いつまでも豊かな自然を維持できるよう、これからも環境保全活動を推進してまいります。