ここから本文です。

HOME > 地域社会 > 社会貢献活動

社会貢献活動

災害協定の締結

みちのくコカ・コーラボトリング(株)では、2011年3月11日に発生した東日本大震災での経験を踏まえるとともに、近年の不安定な気象状況による自然災害などの際に、地域住民のみなさまへいち早く飲料を届けるために、その仕組みづくりとして災害協定の締結を推進しています。
岩手・秋田・青森の各自治体と「災害時における飲料水の供給に関する協定」を締結することで、大規模地震や風水害など各自治体が定めた災害が発生した場合、飲料水を迅速に提供できる体制を整えています。


※ 写真は盛岡市との災害協定締結式の様子です。(2014年)

災害救援自動販売機

災害救援自動販売機は、地震などの災害発生時に、通信ネットワーク技術を活用した遠隔操作によって自動販売機に搭載された電光掲示板に災害情報を流したり、本体に残っている飲料を無償で提供したりと、緊急時に自動販売機ならではの機能を活用した支援を行うことで、地域社会に貢献するものです。

この自動販売機は、設置主と該当自動販売機のオペレーションを担当する地域のボトラー社との間で結ばれた「災害支援協定」に基づいて設置されることが多く、無償提供はどのタイミングで誰が判断するのか、といったことは協定の内容によって異なります。
実際の設置場所としては、その公共性の高さから、主に緊急時の避難場所に指定されている地域の学校体育館や公共施設、病院などが中心となっています。

支援型自動販売機

支援型自動販売機は売上の一部を、地域の社会事業やスポーツ団体などの活動資金として還元し、お客様とともに地域社会の発展に貢献しています。

支援型自動販売機による地域支援活動の仕組み

清掃・ボランティア活動

コカ・コーラシステムでは、 1960年代より地域の清掃活動と、清涼飲料の空容器の回収に取り組んでいます。みちのくコカ・コーラボトリング(株)でも地域の清掃活動へ積極的に参加しています。