ここから本文です。

ニュース&トピックス

東北初!「EV用充電器付き自動販売機」を天然温泉ホテルこまち様へ設置いたしました!

みちのくコカ・コーラボトリング株式会社は、天然温泉ホテルこまち(秋田県秋田市、代表取締役:渋谷 富士夫)様へ、東北では初となる「EV用充電器付き自動販売機」を設置いたしました。この「EV用充電器付き自動販売機」は、通常通り飲料を購入できるのに加えて、EV車用充電器として1回500円で満充電ができるものです。また、設置先様においては、課金機の役割を自動販売機が担うことで初期費用を抑えることができ、飲料の売り上げの一部をランニングコストに充当できるというメリットもあります。
近年ではEV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリット車)の普及が進む中、自動販売機と連動して充電できる仕組みを提供することで、お客様サービス向上および環境保全活動推進へとつなげます。

【「EV用充電器付き自動販売機」設置披露会概要】
日 時 : 平成27年4月21日(火) 14:00 ~
場 所 : 天然温泉 ホテルこまち 入口付近 「EV用充電器付き自販機」前


秋田県秋田市にある天然温泉ホテルこまち様。街中にある温泉施設で、老若男女、幅広い客層に利用されています。


そして、正面玄関前に新しく設置されたのが「EV用充電器付き自動販売機」。東北では初めての設置となりました。飲料の自動販売機に、EV用充電器がつながっています。


メディア各社にもお越しいただき、設置披露会というかたちでご紹介させていただきました。披露会では、当社 青木 秋田営業統括部長[左]、天然温泉ホテルこまち 代表取締役 渋谷様[中]から挨拶をいただきました。渋谷様からは、「こうした取り組みができるのも、みなさまのおかげ。これからゴールデンウィークも迎えるので、多くのお客さまに利用してもらいたい」とご挨拶をいただきました。


続いて、当社担当による使用方法の説明。使用方法はシンプルで、①自動販売機に500円を投入し、②充電用の購入ボタンを押し、③コードを車に接続するだけ。あとは温泉でゆっくりしていれば、満充電(80%)の状態になっています。充電中でも、自動販売機での飲料購入は通常通りできます。


インタビューの様子。当社 青木 秋田営業統括部長は「環境負荷軽減を図ると共に、お客様へのサービス向上にも繋げられるツール。地域を明るくするような相乗効果を狙いながら、今後も増やしていきたい」と話しました。


テレビ・新聞の記者の方々には、当社担当から詳しく説明させていただき、夕方のニュース番組用にリポートまでしていただきました。報道によれば、現状としてはEV用充電器設置数もEV車の普及率も秋田県の目標には至っていないようです。この取り組みが、目標に近づくためのきっかけになれば幸いです。

当社では、こうした環境に対する取り組みは、地元企業として担うべき責任であると考えています。今後も、清涼飲料の販売を通じて、様々なかたちで新しい付加価値を提供してまいります。