ここから本文です。

ニュース&トピックス

青森県弘前市との「東京2020オリンピック・パラリンピック」関連行事の推進に関する協定締結式が行われました!

2021年1月29日

1月29日(金)、青森県弘前市との間で「東京2020オリンピック・パラリンピック」関連行事の推進に関する協定を締結し、弘前市役所において締結式が行われました。

この協定は、東京2020オリンピック聖火リレー及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした弘前市のPRやレガシーの創出による地域の活性化を図るため、両者が協働し、オリンピック・パラリンピックプログラムの推進に寄与することを目的としています。


締結式には、弘前市長 櫻田 宏 様をはじめ、職員のみなさまにもご臨席いただきました。当社からは、取締役副社長 秋山が出席。冒頭に協定の趣旨が説明された後、櫻田市長と秋山副社長ががそれぞれ協定書へ署名をいたしました。


締結後、櫻田市長からは「この協定の活動である『コカ・コーラ 聖火リレーメモリアル自動販売機』の設置等により、当市でのオリンピック・パラリンピックへの機運がより一層高まるものと期待している。聖火リレーは、地域の人々のオリンピックへの期待感を高めると共に、希望と感動をもたらす非常に大切なイベントで、青森県のグランドスタートとして弘前市を出発する。しっかりと準備を進めてまいりたい」と力を込めました。

秋山副社長からは「東京2020オリンピック・パラリンピックについては、開催をめぐる動向が連日報道されているところだが、当社は北東北のみなさまにリフレッシュを届けるという使命もあり、無事開催されることを願い準備をしている。弘前市にも訪れる聖火リレーとその後の本大会は、感動や興奮を直接感じられる非常に貴重な機会。地元のみなさまには、コカ・コーラとともにオリンピックを楽しみ、思い出をひとつでも多く残してもらいたい。引き続き、弘前市の魅力的なまちづくりのために連携したい」と応えました。


「コカ・コーラ聖火リレーメモリアル自動販売機」は、弘前市役所 立体駐車場や、JR弘前駅に設置しており、今後、市民中央広場や蓬莱広場にも設置される予定。この自動販売機を通じて、オリンピックを身近に感じていただきながら、リフレッシュメントをお届けできればと思います。


当社は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」に向け、北東北のみなさまが最大限の興奮や感動を味わえるよう、これからもこうした取り組みを通じ、明るく前向きになるよう盛り上げてまいります。