ここから本文です。

ニュース&トピックス

青森県 大間町との災害協定「災害時における飲料の確保に関する協定」調印式が行われました!

2020年10月15日

10月14日(水)、青森県 大間町との間で「災害時における飲料の確保に関する協定」を締結し、大間町役場において協定調印式が行われました。


この協定は、大間町内において地震、風水害、その他の災害発生時、または発生のおそれがある場合における飲料の供給に関し、必要な事項を定めるものです。なお、同様の協定締結は当社事業エリア(岩手県・秋田県・青森県)では66件目、青森県では20件目となります。


締結式には、大間町長 金澤 満春 様をはじめ、職員のみなさまにもご臨席いただきました。当社からは、執行役員 グループ管理本部副本部長 阿部らが出席。 冒頭に協定の概要が説明された後、金澤町長と阿部執行役員がそれぞれ協定書へ調印いたしました。


その後、金澤町長からは「大間町は災害が少ない町、しかし町として災害に備え飲料を確保するというのは非常に大事なこと。この協定を通じて住民の皆さんにみちのくコカ・コーラボトリングの取り組みが広く認知されれば町としても非常に嬉しい」とごあいさついただきました。

これに対し、阿部執行役員は「災害は今や日本各地で発生していることであり、これまで以上に対策が求められている。当社は地元企業としてライフラインの一つである飲料をお届けするということを重要な使命と認識しており、今後も“災害が発生しない”ということを切に願いながら、責任を果たしていきたい」と思いを込めました。


当社は、北東北を拠点に事業を展開する地元企業として、今後も地域のみなさまに信頼され親しんでいただけるよう、こうした取り組みを進めてまいります。