ここから本文です。

ニュース&トピックス

岩手県二戸市との包括連携協定「包括連携に関する協定」締結式を行いました!

2019年3月25日

3月25日(月)、岩手県二戸市との間で「包括連携に関する協定」を締結し、二戸市役所において締結式が行われました。この協定は、相互の幅広い連携・協力関係を深め、二戸市の防災・減災への取り組みを進めるとともに、健康で安心して暮らせるまちづくりの推進に資することを目的としています。


締結式には、二戸市長 藤原 淳 様をはじめ、職員のみなさまにもご臨席いただきました。当社からは、代表取締役社長 谷村とPR課長 ブラネン、西根営業所長 荒谷が出席。

冒頭、二戸市総務政策部長 田中館 淳一 様から、この協定の趣旨として「今後、相互の幅広い連携・協力関係を深めながら、市民が健康で安心して暮らせるよう、力を合わせて取り組んでいく」とご説明がありました。


連携内容としては、(1)防災・減災対策に関すること、(2)市民の健康づくりに関すること、(3)スポーツ・文化を通じた交流推進に関すること、(4)その他、目的を達成するために必要な事業に関することが盛り込まれています。当社はこうした包括連携協定を締結するのは、今回が初めてとなります。

また、この協定に基づき、「災害時における飲料の供給に関する覚書」を締結いたしました。この覚書は、二戸市内における災害発生時又は発生のおそれがある場合における飲料の供給に関し、必要な事項を定めるものです。当社事業エリア(岩手県・秋田県・青森県)での同様の協定/覚書の締結は、今回で59件目、岩手県では29件目となります。

式の中で、藤原市長と谷村社長による協定書と覚書それぞれへの署名が行われ、握手が交わされました。


藤原市長のごあいさつでは、「この協定により、相互の幅広い連携、協力関係を築けることは誠に喜ばしい。市が進める、幅広いまちづくり施策に生かたい」と力を込めました。その後、谷村社長からは「当社は「One Team」という経営理念を掲げている。このたびの協定により、二戸市とともに「One Team」となり、お互いに持続的な成長をしていきたい」とごあいさついたしました。


また、この協定に基づき、まちづくりをサポートする支援型自動販売機の展開などを検討しています。準備が整いましたら、またみなさまにお知らせいたします。

当社は、岩手県に本社を置き、北東北を拠点に事業を展開する地元企業として、今後も地域のみなさまに親しまれ信頼していただけるよう、共に歩んでまいります。