ここから本文です。

ニュース&トピックス

コカ・コーラ教育・環境財団「第24回コカ・コーラ環境教育賞」に当社エリアから2団体がノミネートされました!

2017年7月11日

7月11日(火)、公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団は、環境教育に関する顕著な活動への顕彰および環境保全・環境啓発に寄与する新しい企画への支援を行う「第24回コカ・コーラ環境教育賞」において、ノミネート15団体を選出いたしました。

選出された15団体のうち、当社エリア(岩手県・秋田県・青森県)からは、「活動表彰部門」と「次世代支援部門」にそれぞれ1団体ずつ、計2団体が選出されました。

15団体は8月18日(金)~20日(日)に「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」 (北海道夕張郡栗山町)にて開催される「コカ・コーラ環境フォーラム」に参加。フォーラム内で実施する最終選考会でプレゼンテーションを行い、各部門の最優秀賞を目指します。

【第24回コカ・コーラ環境教育賞 当社エリアノミネート団体・活動要旨】
「活動表彰部門」
新郷村立新郷中学校 新郷守り隊 (青森県三戸郡)
活動要旨:村内の河川の水質調査や水生生物調査、清掃活動を実施。7.5km、12地点で7項目におけるパックテストを行い、河川の改善に関する研究考察をしている。

「次世代支援部門」
岩手県立遠野緑峰高等学校 草花研究班 (岩手県遠野市)
活動要旨:廃棄されるホップの藁から自然に優しい和紙を開発し、地元小学校の卒業証書やランプシェードへ利用。ランプシェードの骨組みは遠野産材であるスギを用いるなど、地域の教育機関や企業と連携。ホップ和紙を通してホップの魅力を広め、ホップ農家の担い手不足を抑えるきっかけにすることを目的に活動している。