ここから本文です。

ニュース&トピックス

スプライト北東北限定応援デザイン缶、5月29日(月)より青森・岩手・秋田限定で販売開始!製品発表および契約調印式を行いました!

2017年5月15日

当社は5月29日(月)より、売上の1%が地元プロバスケットボールチームへ寄付される「スプライト」500mlボトル缶/350ml缶を青森県・岩手県・秋田県の北東北限定で発売いたします。

「スプライト」は、1961年に誕生して以来、その炭酸による刺激と清涼感のあるクリアな味わいが、世界で若者を中心に幅広い層からの支持を集め、現在では190以上の国や地域で販売されているロングセラーブランド。

その「スプライト」から、このたび北東北限定デザイン缶が登場します。パッケージには、北東北3県それぞれをホームとするプロバスケットボールチーム「青森ワッツ」「岩手ビッグブルズ」「秋田ノーザンハピネッツ」のチームロゴを用い、各県の地域ごとで販売された売上に対し1%をそれぞれのチームの活動資金として寄付されます。

これにあたり5月15日(月)、当社本社にて、「スプライト」北東北限定応援デザイン缶に関する製品発売記者発表と、「青森ワッツ」「岩手ビッグブルズ」「秋田ノーザンハピネッツ」の各チームとの販売に関する契約調印式を開催いたしました。

「スプライト」北東北限定応援デザイン缶製品発売記者発表および販売に関する契約調印式
日 時 : 2017年5月15日(月) 13:00~
場 所 : みちのくコカ・コーラボトリング株式会社 本社


当日は、各チームの代表取締役社長をはじめ、選手やマスコットにもお越しいただきました。

また、この記念すべき日と各チームが集まる貴重な場に、メディア各社にご取材いただきました。


はじめに、日本コカ・コーラ株式会社 マーケティング&ニュービジネス 炭酸カテゴリー ディレクターの島岡 芳和 様より、「スプライト」北東北限定応援デザイン缶の製品発表をしていただきました。

「スプライトは2015年までNBAの公式スポンサー。その後はレブロン選手と契約を結び、スプライトのクールなブランドイメージを構築している」と、バスケットボールと親和性の高いブランドであるという背景が説明され、この北東北限定応援デザイン缶が発表されました。


続いて、(写真左より)株式会社岩手スポーツプロモーション 代表取締役社長 北舘 洋一郎 様、秋田プロバスケットボールクラブ株式会社 代表取締役社長 水野 勇気 様、青森スポーツクリエイション株式会社 常務取締役 鹿内 龍治 様(代表取締役社長 下山 保則 様代理)、当社 代表取締役社長 谷村での販売に関する契約調印式を開催。

谷村社長は「自販機や店頭でのご購入でクラブを応援できる仕組みをみなさまに楽しんでほしい。この『スプライト』を通じて、ブースターと一緒に各チームを盛り上げていきたい」と各チームの活躍に期待を込め、ごあいさついたしました。



その後、契約の内容を確認し、各チームと当社との間で契約書への署名・捺印を行いました。

各チームのごあいさつでは、「スプライト」をきっかけに北東北が一丸となって盛り上がるよう、それぞれの想いをお聞かせいただきました。

鹿内様「地域のみなさまに、この『スプライト』を通じて青森ワッツを知ってもらえる。そして、北東北3県のチーム、さらにはBリーグを知ってもらえる。この取り組みに参加できることを誇りに思い、ありがたい。まずはこの3チームで北東北をしっかり盛り上げたい」

水野様「この『スプライト』をたくさんの県民のみなさまに買っていただくと、それがチームの強化資金としてご支援いただけるのは大変嬉しい。しっかりと役立て、この3チームでバスケットボールを通じて北東北を元気にしたい」

北舘様「チームとして、地域を元気にすることを目標に取り組んできた。この『スプライト』で、ブースターのみなさまにより喜んでもらえると思う。これを機に、北東北で切磋琢磨し、実力を上げながら頑張りたい」


交わした契約書を手に、北館様、水野様、鹿内様、谷村社長と島岡様での記念撮影。

そして、お越しいただいた選手やマスコットも加わり、全員で「スプライト」北東北限定応援デザイン缶を手に記念撮影をいたしました。


青森ワッツ、秋田ノーザンハピネッツ、岩手ビッグブルズのさらなる活躍に期待し、「スプライト」を飲んで応援しましょう!

当社は、北東北で事業を展開する地元企業として、地域がより元気になるような取り組みを、これからも続けてまいります。