ここから本文です。

ニュース&トピックス

より良い地域づくりに向けた協働の取り組み!「こどもふれあい自動販売機」設置披露会を開催いたしました!

2018年11月9日

11月8日(木)、特定非営利活動法人 沙羅双樹の会の活動を支援する「こどもふれあい自動販売機」の第一号機を設置し、青森県八戸市内の株式会社田名部組の工事現場において披露会を開催いたしました。


この自動販売機での売上の一部は、沙羅双樹の会への支援金として寄付されます。寄付された支援金は、福祉施設や子ども食堂等へ食材を提供するフードバンク事業をはじめ、地域のこどもがより明るくふれあうための活動資金として役立てられます。

第一号機を設置した株式会社田名部組においては、社会貢献活動の一環として、この「こどもふれあい自動販売機」の取り組みにご賛同いただいております。今後、田名部組の工事現場や関連施設などに、この「こどもふれあい自動販売機」が設置していただけるようになります。


設置披露会では、沙羅双樹の会 理事長 小川 雷太様[写真左]、株式会社田名部組 代表取締役 田名部 智之様[写真右]にご出席いただき、それぞれごあいさついただきました。


当社から出席した、理事 八戸営業部長 兼 青森第二地区統括の三浦は、「このたびは、田名部組様、沙羅双樹の会様のお声を頂戴しながら、「こどもふれあい自動販売機」の設置実現に至った。こうした協働の取り組みを進め、地域の課題をともに解決しながら、八戸がよりふれあいのある、笑顔があふれるまちになれば」とごあいさついたしました。


当社は北東北で事業を展開する地元企業として、地域がより明るく笑顔あふれるよう、これからもみなさまと協働した取り組みを進めてまいります。